« 彼岸花情報? ( 秋 ) | トップページ | 良く言うよ »

2018年9月15日 (土)

地獄へ真っ逆さま高橋巨人。誰かなんか悪いことした? - 巨人は阪神に負けても良い。広島とDeNAにだけは一つも負けて貰いたくない。それが後先考えない無謀補強軍の今年の戦い方だ。

2位を捕えようとしていたのは昨日のようだったのに、三日も経ったら最下位が現実化してきたってどういうことよ。「地獄の沙汰もカネ次第」っていうから、読売にはもってこいかも知らぬ。

阪神戦で、1時間半ほどの雨天中断後のノーゲームで手たちは調子を狂わせたんだと。ヤクルトには3戦とも1点先取してその後に加点できずに3戦とも勝てなかった。

その雰囲気をそのまま、首うなだれて苦手の横浜へ行くから、開けなくてもよい地獄の蓋を開けてしまった。どの相手チームも容赦なく恨み骨髄で掛かってくる。

苦手なチームに苦手な投手だらけの巨人。苦手投手を挙げたら切りがない。その一人井納。何度も痛い目にあっているのに工夫しない巨人。ベンチの職務怠慢この上ない。

小雨けむる横浜で昨夜もきっちり抑え込まれた。ラミレスの高笑いが聞こえる。その最下位DeNAともゲーム差は2.5。残り試合の少ない巨人は後がないのだ。

こんな時に頼れるのは坂本なのに、その坂本の調子が突然おかしくなった。せっかく3番に起用したのに上手くいかなかったので早々に1番に引っ込めた。

結局、そんな起用の仕方だから「単なる思い付き」と言われる。僅か2試合で元に戻すから選手も戸惑うのよ。こうなるともう、ベンチの指揮者は選手を把握していないとしか思えない。

まだある。昨日は田中俊に代わって山本が先発出場。右の井納に対して左打者が少ない巨人、力不足かも知らないがここは左の田中を使うべきではなかったか。どうも訳わからぬ。

最下位のDeNAにも尻尾をつかまれ、地獄の入口へ引きずり込まれかけている。積年の悪行が祟っての地獄行きであれば、高橋監督には余りにも気の毒。いや、仕方ないか。

« 彼岸花情報? ( 秋 ) | トップページ | 良く言うよ »